作品情報

2017年/110分

出演

  • 堀江 壯 「伊方原発運転差止広島裁判」原告団長、広島の被爆者。
  • 伊藤正雄 「伊方原発運転差止広島裁判」原告副団長、広島の被爆者。
  • 西岡 洋 長崎で被爆。学生時代に画家・丸木位里、俊の「原爆の図」巡回展にかかわる。
  • 大石又七 第五福竜丸の乗組員として操業中、ビキニ環礁での水爆実験に遭遇し被爆。『死の灰を背負って』新潮社ほか著書多数。
  • 藤本陽一 世界中の科学者たちの調査・研究をもとに、『原発黒書』を監修。元東大原子核研究所教授、早大名誉教授。
  • 加藤哲郎 一橋大学名誉教授、元早稲田大学客員教授。
  • 樋口健二 日本写真芸術専門学校副校長、43年間、原発労働者たちの被曝を追い続ける。『原発被曝列島』三一書房ほか著書多数。
  • 梅田隆亮 敦賀原発等の労働で被曝し福岡高裁で法廷闘争中。
  • 椋本貞憲 徳島県阿南市の「蒲生田原発」建設阻止のリーダー、元阿南市市議会議員(6期)。
  • 太居雅敏・英征親子 阿南市椿泊の漁師。
  • 関 千枝子 旧制女学校2年生のとき広島で被爆。フリーのジャーナリスト。
    元毎日新聞、全国婦人新聞等の記者。
    『ヒロシマの少年少女たち 原爆、靖国、朝鮮半島出身者』彩流社ほか著書多数。

語り:中村敦夫
プロデューサー:矢間秀次郎
監督・編集:原村政樹
撮影:一之瀬正史、原村政樹
録音:金田弘司
音効:徳永由紀子
ポストプロダクションマネージャー:原田修
映像技術:呉ヨンジン、杉田広毅
整音:丸山晃
地図:水越順子
題字:原村慶子
録音:スタジオ ㈱モイ
法務:竹澤克己(弁護士)

協力:青池憲司、相沢一正、井上 啓、今中哲二、岡本昭子、代島治彦、真砂万里、徳島県阿南市、 伊方原発運転差止広島裁判応援団、一般公益法人広島YWCA、一宮温泉病院、梅田裁判を支える会、公益財団法人原爆の図丸木美術館、共同通信社、原水爆禁止日本国民会議、新理研映画社、千曲川・信濃川復権の会、築地にマグロ塚を作る会、都立第五福竜丸展示館、広島平和記念資料館、広島フィルム・コミッション、毎日新聞社、読売新聞社、機関紙連合通信社、文殊社近現代フォトライブラリー

広告